初回無料相談はこちら

ブログ 浜辺の事務所から

日々の出来事を徒然に綴っています。

ブログ 浜辺の事務所から 第206話

いつか僕のことを忘れてしまっても

公開日
2018.12.13
投稿者
島田 直行( 所長弁護士)

僕は,ポップアップカードが好きで集めています。意外だと感じたあなた,人は見かけによらないのですよ。この時期はクリスマスバージョンがでてカード好きとしてはウキウキします。

僕は,この時期ひとり暮らしをしている高齢者の方にクリスマスカードを贈るようにしています。昼も夜もひとりで自宅で過ごすというのはやはりさびしいものです。そういうときにちょっとしたカードを贈るととても喜んでもらえます。なんとなく笑顔になっていただけるのでせっせとメッセージを書いています。

正直なところ時間もないのでカードを書くのはそれなりの負担です。しかもカードを送付したからといって仕事になることもないです。むしろ郵送料とか考えればコストしかかかっていないでしょう。

でもやっぱり誰かが喜んでくれるっていいことですよ。それが弁護士としての矜持じゃないかな。僕は,なんでかんでもリターンを求めるというのは苦手です。リターンがあったらラッキーというくらいが精神衛生的にもいいような気がします。見返りを求めていたら誰かに何かをするということができなくなります。

僕の職員もよくわかっていてカードを仕事中に書いていてもなにもいいません。「こういう人だから」と大目に見てもらっています。たぶん職員も僕がカードを書かくなったら失望するでしょう。

自分で言うのもなんですが字は極端に下手です。時間もないのでメッセージも一言くらいです。それでも毎年楽しみにしてくれる人がいるというのはうれしいものです。僕は,そういった「ちょっとしたこと」が社会をよりよいものにしていくと確信しています。

年齢を重ねていけばしだいに僕のことを忘れていくこともあるでしょう。いつかはそういう日が来ることはメッセージを書きながら感じます。でも僕はいつか僕のことを忘れてしまう日が来ても同じようにカードを贈り続けるでしょう。それが自分にとってとても大事なことのように感じるから。