初回無料相談はこちら

開業医の方々へ

労働事件

経営者の最も頭の痛い悩みから解放されるために

医療現場が労働問題で悩まないために

医療現場は,恒常的な人手不足にあります。
この問題を解消するのに大事なことは,定着率を上げることですよね。それは人間関係のトラブルが起きない職場作りから始まります。

せっかく採用した従業員が,一部の問題社員の影響で退職するということも少なからずあります。需要が多い職種のため,働く側としては「人間関係が面倒くさいから転職」となってしまいがちです。

私たち島田法律事務所では,医療現場の労働トラブルに対応してきました。その中で多いのは,特定の従業員に対する「いじめ」です。ちょっとした意見の対立や見解の相違で「口を利かない」「指示も出さない」といったことが起こり,業務に支障が出ることも珍しくありません。

このような「大人のいじめ」が発生する理由はさまざまですが,自分を中心とした序列を作り上げたいという欲が見え隠れしています。

本人にとってはいい職場でも,他の従業員からすれば何とも嫌な職場です。そして「大人のいじめ」の問題点は,当事者に「いじめをしている」という意識がないことです。むしろ本人には「きちんとした職場を作ろうと努力している」という意識すらあります。この意識は,なかなか変えることができるものではありません。

また,医師からのパワハラに対する苦情もあります。中には,看護師が同日付で一斉に退職届を出してきたケースがあります。これでは,もはやクリニックを維持することができなくなります。

医療現場の労働事件を防止するためには,労働事件が発生しにくい仕組みを取り入れると同時に,すでにある問題について具体的な対策を取っていくほかありません。腫れ物に触れるように何もしなければ,問題がいつ現実化してもおかしくないでしょう。

医師にとっても労働事件は悩ましい問題です。「そんなこと従業員で解決してよ」と泣き言の一つでも言いたくなる問題でしょう。ですがここで逃げてはいけません。

そのためにも,労働事件でお悩みのことがあればお気軽にご相談ください。

労働事件に関する記事