初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

経営者の孤独と悩みを引き受けます。
それは、自ら経営をしている弁護士の役割です。

実家から地元へお墓を移したいときどうする?

子供たちが都市部で暮らしているため,実家のお墓を移動させたいという方が増えています。このような場合に,どんな手続きが必要なのかお伝えします。

そもそも遺骨は誰のものなのか

一般にお墓を移動させることは「改葬」といいます。改葬とは,埋葬した死体を他の墳墓に移し,または埋蔵し,もしくは収蔵した焼骨を他の墳墓または納骨堂に移すことをいいます。(墓埋法2条5項)恐らく一般の方にとっては,改葬なんて言葉はほとんど聞いたことがないのではないでしょうか。

改葬をすることができるのは,遺骨を管理処分する権限を持っている方です。分かりやすく言えば,遺骨の所有者です。ですが,あなたの先祖の遺骨が誰の所有なのか考えたことはありますか?

遺骨の所有者は,一般的に「祭祀承継者」とされています。祭祀承継者とは,系譜,祭具および墳墓などの祭祀財産を承継して管理する方です。これを親族の中で決めておかなければ,「何で勝手に墓を移動させるのか!」とトラブルになってしまいます。

祭祀承継者は,生前に決めておくこともできますし遺言で指定しておくこともできます。相続人間のトラブルを防止するためにも祭祀承継者は,せめて遺言で指定しておくとよいでしょう。祭祀承継者が決まらない場合には,最終的には家庭裁判所で決めることになります。

市町村長の許可がいります

改葬をするためには,市町村長の許可が必要です(墓埋法5条1項)。お墓を勝手に移動させてはいけません。許可申請時には,現在の墓地の管理者の同意と受け入れ先の確認も必要になることが一般的です。

ここで問題となるのが「檀家契約」の解約・解除です。檀家契約とは,信者と寺社の契約(=檀家契約)のことで,離檀(=檀家契約を解約・解除すること)する場合には,寺社から「離檀料」を請求されるケースがあります。中には高額な離檀料を請求されてトラブルになるケースも。トラブル防止のために,離檀時における費用などはぜひ確認しておいてください。

実はあなたと寺社との関係は,契約に基づくものなのです。檀家の関係にしても墓地の使用についても,契約書があって然るべきもの。ですが先祖からお付き合いのある寺社だと,なかなか「契約書をください」とは言いにくいものです。寺社としても「いきなり求められて,はて困った」というのが正直なところでしょう。

契約書を求めることが難しい場合には,せめて事前に口頭で「こうなったらどうなるのか」と具体的に確認しておけば,無用なトラブルを回避することができるでしょう。

経営者の方々へに関する記事