初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

債権回収

一刻も早く回収して経営の安定を

なぜ請負代金のトラブルが多いのですか?

私たち島田法律事務所にも債権回収のご相談がたくさん寄せられるのですが,中でも多いのは請負代金に関するトラブルです。

なぜ,請負代金に関するトラブルが多いと思いますか?

それは,金額が大きいにもかかわらず,信用だけで取引が行われることが多いからです。「契約書がない」というのは序の口で,発注書や請書もないということも。しまいには,相手に見せた見積書しかないというケースまであります。

具体的にトラブルになりやすいケースを挙げておきましょう。

まず一つは当初の契約内容があいまいなケースです。本来であれば「どこまでの工事を」「いくらで」実施するのかを当事者は決めておかなければなりません。当たり前に思うかもしれませんが,現実はちょっと違います。

特に最近のような人手不足の状況では工期を短くせざるを得ないため,とにかく早く工事に取り掛かるよう指示されます。そして明確な契約金額が決まらないまま工事に入り,後になってトラブルになるケースが増えているのです。

もう一つは追加工事が発生したケースです。これも口約束だけで工事が進んでしまうことがあり,発注者には追加工事という認識はなく「当初の見積もりに入っている変更」と考えてしまいがちです。そして事後に請求すると「そんなこと聞いていない」ということになってしまうのです。

悪徳業者の手口として,小さな工事をいくつか請け負って信用を装い,大きな工事で支払いを拒否するというものがあります。あえて証拠となる書面を作成させないようにしているのです。

追加工事のときも同じで,見積書を作成するだけではあまり意味がありません。きちんと相手から発注書をもらうなど,追加で費用がかかることについて承諾した事実を形に残しておくことが大事です。

その他トラブルの例として,建築の瑕疵を指摘してなかなか支払いに応じない業者がいます。瑕疵に基づく損害賠償を,事後的に請求してくるわけです。自分の負担する報酬債務と損害賠償債務を相殺することによって,自分の支払金額をできるだけ少なくしようとするのです。

このように瑕疵の問題になると,訴訟がさらに複雑になります。その場合には専門的判断が必要となるため,訴訟が長期化することが懸念されます。不動産を引渡時に検査してもらって,瑕疵がないことを書面で確認しておくなどが有効でしょう。

以上のようなトラブルは,いずれも書面がないことが原因です。手間がかかってもきちんとした契約書を作成しておかなければ,トラブルに巻き込まれてしまいますので気を付けてください。