初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

労働事件

経営者の最も頭の痛い悩みから解放されるために

僕は,こういう人の仕事を絶対に受けない。

僕の事務所では,ありがたいことに受任事件の大半が御紹介です。広告などで飛び込みで相談にいらっしゃる方はほとんどいません。(逆を言えば広告が下手とも言えますが。。。)

少数で回しているためにどうしても対応できる事件数には,限界があります。売上重視ならもっと受任すればいいのでしょうが,それでは既存のクライアントへのサービスの品質が落ちてしまいます。ですから自分の価値観を理解していただき共感していただける方のご依頼のみ受任するようにしています。

事件を選ぶというと語弊を招きますがサービス業では重要な視点です。「なんでもかんでもやります」というのは,僕にとってはできない選択です。僕としては,一時的な売上よりもサービスの品質を磨き上げることの方が最重要課題です。それになんでもかんでも受任すると依頼者側にあきらかに問題のあると感じるケースまで対応することになりかねません。

それになによりあきらかに不適切な事案まで対応していたら既存のクライアントの信頼までも失うことになりかねません。いろんなセミナーでお伝えしていますが僕にとっての資産は,設備でもなんでもなく「クライアントと社員」に他なりません。僕のクライアントは,地道な勤労を通じて得た資金を僕の事務所に投じていただいているわけです。それは資産の有無や規模の大小に関係ありません。そういったクライアントの方々に「島田のところでよかったね」といかに感じていただけるかが事務所にとってのすべてです。

ではこんな発想の僕は,新規に事件を受任するかどうかについても判断基準を明確にしています。

まず利害関係や時間的関係で受任できない場合があります。これはある意味で仕方のないことで申し訳ありませんが事業を説明させていただきお断りしています。

もうひとつあるのは,相談者の他者に対する姿勢です。

例えば経営者のなかには,社員を自分の道具のように考えている人がいます。カネを支払っているのだからなにを言ってもいいみたいな感じの人です。そういう人は気に入らないので絶対に事件として受けません。これはもうカネの問題ではなく自分のプライドの問題です。僕は,こんな性格なので「あなたの事件は共感できないのでお受けしません。」とはっきりお伝えします。まぁなかには罵倒する人や陰口叩く人もいます。「あいつは若いのに生意気だ」など。人の口に戸を立てることなどできないので放置しています。

逆に言えば社員のことを一生懸命に考えて寝る間も惜しんで奔走する経営者の方もいらっしゃいます。そういう経営者の方は心から尊敬するので多少無理をしてもサポートさせていただくようにしています。朝6時から相談にのってあげることもあれば,電話越しに泣いている人に「あとはこっちで対応するから大丈夫」と伝えることもあります。

僕は,意外かもしれませんが障害のあるお子さんの権利擁護にも自分なりに取り組んでいます。親亡きあとの問題については深刻な問題です。我が子を思う親の愛情というのは琴線に触れるものがあります。なかなか積極的に取り組む人もいない分野であるゆえに少しでもお役に立てればと考えてセミナーなど協力させていただいています。

つまるところ僕の選択根拠は,相手に「自分ではない人に対する思い」があるかどうかです。そういう思いがある人の依頼であれば,今のクライアントの方々は「まぁ忙しいだろうが頑張りなよ」と言ってくださるはずです。

こういう価値観で動く事務所もひとつくらいあっていいでしょう。これだけ弁護士も増えたわけですから。

労働事件に関する記事