初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

M&A

会社の売却は社員を守る方法の一つです

会社を売却するの事業承継のひとつです

同族中小企業のためのM&Aがあります

家族のように大切な従業員の雇用を守るには,M&Aは有効な方法です。

同族中小企業には,後継者のいない会社がたくさんあります。そのような会社は,第三者に会社を売却するのも事業承継の一つとして前向きに検討するべきです。

M&Aというと敵対的なイメージがありますか?

私たちは中小企業のM&Aに関与してきましたが,いずれも極めて友好的に実施されました。

同族中小企業のM&Aにおいて何より大事なのは,経営者同士の信頼。正に経営者の人格が問われる時でもあり,双方の信頼があってはじめて具体的な資産の計算あるいは契約へと話が進むのです。「人の心」に配慮しないM&Aはうまくいかないというのが,私たちが経験から得た基本的な考えです。

島田法律事務所では,これまで多様な業種・規模のM&Aに関与してきました。事業承継の一つの手段として会社の売却を検討なさっている方は気軽にご相談ください。

M&Aに関する記事