初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

メンタルヘルス

社員が心を病んだとき社長がすべきこと

復職の際のトラブルを回避するためには?

メンタルヘルス不調で休職から復職したい社員。
「まだ治癒していない」と考える会社。

休職中の社員は,どこかの段階で復職を考えるようになります。治癒して問題なく勤務できるようになればいいのですが,早期に復職したばかりに「うつ病が再発した」ということになっては大変です。

ここで,両者の間に意見の対立が発生するわけです。
その理由は何だと思いますか?

それは,「誰が復職を決定するのか」を決めていないからです。何も取り決めがなければ,休職中の社員の意見によって復職を認めることになるでしょう。

ここでのポイントは,復職を判断するのは会社であることを就業規則で明らかにしておくことです。

さらに,必要に応じて会社の指定した医療機関での健康診断を求めることができるようにしておくべきなのです。これで,医師の専門的見地を参考にして復職の可否を判断できるようになります。

ですが,不調を来たして休職する社員が出た段階で就業規則を変更することは困難。従業員にとって「不利益変更」になってしまうからです。

ですから,問題が発生する前の段階で就業規則の変更に取り組むことが必要です。何ごとも備えが大事ということなのですね。