初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

事業承継対策

「任せる不安」を「任せて安心」に

中小企業の経営者こそ相続対策で会社を飛躍させましょう!

同族中小企業ゆえの相続対策があります

経営者の相続を,一般の相続と一緒にしてはいけません。
経営資産も,他の財産と同様に平等に分けた方がいいと思っていませんか?

事業経営に必要なものは,事業の後継者に単独相続させるべきです。後継者が経営において思う存分指揮が取れるようにするためには,経営資産を後継者一人に集中させることが,一番のトラブル回避になるからです。

特に,以下のような点には注意が必要です。

①自社株
同じ会社に後継者の兄弟がいたとしても,自社株は分散させるべきではありません。後継者一人に集中させ,リーダーシップが取りやすい環境にしなければ経営がうまくいきません。

②事業用資産
経営者が個人名義で所有している事業用の土地は,後継者が単独で相続してください。共有にすると,相続人の間で意見の相違があった場合にトラブルになります。

③役員貸付金
経営者が会社に貸し付けている資金は,相続財産に含まれます。できるだけ早いうちに債務免除をするか,後継者が単独相続できるようにしておく必要があります。

経営者の相続には,後継者への事業承継が伴います。一般の相続とは大きく異なりますので,後継者ではない相続人への配慮も忘れてはなりません。

島田法律事務所では,遺言から遺産分割協議にいたるまで経営者の相続を総合的にサポートしております。経営者の相続についてお悩みがあれば「初回無料相談」を利用して,ぜひ一度ご相談にいらしてください。