初回無料相談はこちら

経営者の方々へ

事業承継対策

「任せる不安」を「任せて安心」に

事業承継で一番大事なことを忘れていませんか?

同族中小企業の事業承継で一番大事なことは,はっきり言って「自社株対策うんぬん」ではありません。何だと思いますか?

それは,後継者の経営手腕です。

「何を当たり前のことを」なんて思わないでください。どんなに自社株対策をしても後継者に経営手腕がなければ,中小企業はあっという間に転倒してしまいます。ですから後継者の経営手腕をいかに伸ばしていくかについては,オーナーには頭から湯気が出るくらい考えていただきたいのです。

後継者に求められる能力として指導力・決断力・財務力などがありますが,今までずっと経営者の支援をしてきて一番大事だと思うことは「人柄」です。従業員が「この社長についていこう」と思わなければ,企業は成長することができません。逆に言えば,どれほど立派な学歴があっても人柄に問題があれば誰もついてきてくれません

ですから,後継者の人徳はぜひ大切にしていただきたいのです。

経営者の中には,後継者にあえて不採算部門の立て直しを任せる方がいらっしゃいます。不採算部門を改善させることで,従業員からの信頼を得ることができるからです。

後継者に何をどのように教えるかはオーナーの責任と判断によるところですが,大事なことは「教える」ことです。いわゆる「社長の背中を見せて育てる」方法だと,時間がかかる上に正確に伝わりません。きちんと言葉で伝えることを意識してください。血のつながった家族といえども,しっかりと言葉で伝えなければ,伝わるものも伝わらないからです。

後継者教育に関係してもう一つ。

オーナーには,後継者の相談役を用意していただきたいのです。ご存じの通り,経営者は孤独です。どれほど友達が多くても,経営責任を負うのはたった一人。ですから後継者が何でも相談できる方を外部に用意しておけば,精神的にとても楽になれるはずです。

相談者は,オーナーが信頼できる方であれば誰でも構いません。ちなみに,後継者の相談者として,当事務所をご指名いただくこともあります。

後継者教育には正解はありません。
ですが,「実際にやる」「実際に教える」ことがすべてではないでしょうか。