初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

つまるところお墓の管理は誰の責任?

年末年始やお盆の時には,あなたも先祖に対して神妙な気持ちになってお墓参りをしますよね。ところで,法律的には一体どなたがお墓の管理者になるのかご存じですか? 「そんなこと考えたこともない」というのが普通の感覚ではないでしょうか。

「祭祀承継者」という立場があります

ある方が亡くなれば,その方の財産は相続人に渡ります(民法896条)。ですが祭祀に関する財産については,相続の対象財産には含まれません(民法897条1項)。ここでいう祭祀財産には,家系図などの系譜,仏壇などの祭具および墓石などの墳墓が含まれます。そして遺骨も,祭祀財産の中に含まれているのです。

そして,お墓を含む祭祀財産の管理を決定できる方のことを「祭祀承継者」といいます。お墓を移動するのかどうかも,最終的には祭祀承継者が決めることになります。

祭祀承継者の決まり方

祭祀承継者は,生前に決めておくことができます。遺言で指定しておく方法もあります。

祭祀承継者に指定された方は,相続と違って放棄することができません。これは祭祀承継について放棄の手続がないからです。もっとも祭祀承継者として指定されたとしても,祭祀を主宰する義務まで負担するものではありません。

この祭祀承継者が決まらない場合には,家庭裁判所で最終的に決まることになります。祭祀の主宰者をはっきりさせるためにも,遺言で祭祀承継者を明示しておくとよいでしょう。

相続対策に関する記事