初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

分骨と手元供養の違いについて分かります?

ふるさとから遠く離れて住むようになって,墓の管理が難しくなっていませんか?
最近,墓の移動に対する相談が増えています。

一般的に墓を移動させる場合には,焼骨(=火葬後の遺骨)の「すべて」を移動させるため,「改葬」というものに当たります。

墓地,埋葬等に関する法律(墓埋法)2条3号
この法律で「改葬」とは、埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう。

これに対して焼骨の「一部」を他の墓や納骨堂に移すことを「分骨」と言います。ポイントは①焼骨の一部であることと ②墓や納骨堂に納めることにあります。

分骨をする場合には①火葬場の管理者あるいは ②墓地等の管理者の分骨証明書が必要です。現状では,親族間で勝手に分骨することはできません。

墓埋法施行規則
第五条  墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者の請求があつたときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。
2  焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、墓地等の管理者に、前項に規定する書類を提出しなければならない。
3  前二項の規定は、火葬場の管理者について準用する。この場合において、第一項中「他の墓地等」とあるのは「墓地等」と、「埋蔵又は収蔵」とあるのは「火葬」と読み替えるものとする。

もう一つ分骨と似て非なるものとして「手元供養」があります。遺骨の全部または一部を手元で保持しておくことです。最近では焼骨を利用して思い出の品を作成することもあるようです。墓あるいは納骨堂に納めるものではないため,改葬や分骨とは異なります。手元供養には,証明書の発行といった手続も必要ありません。

ですが,気を付けなければならないのは,保持していた焼骨を将来のどこかの時点で墓や納骨堂に納めるとき。火葬許可証あるいは分骨証明といったものが必要となりますが,火葬からすでに相当の時間が経過している場合には,こういった書類をそろえるのが大変な場合があります

手元供養をする場合には,火葬許可証の保管や分骨証明の取得などを忘れないようにしておいてくださいね。