初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

日本ではどんな葬祭方法があるのだろう?

散骨といった新しい葬祭方法の話を聞く機会が増えたと思いませんか?
「自分らしい生き方」を越えて「自分らしい葬祭」という考え方が広まったからだと思われます。

しかし,こうした新しい葬祭方法は,現在の日本で許されているのでしょうか?まずは墓埋法(墓地,埋葬等に関する法律)で定められている基本的な葬祭方法を確認した上で,新しい葬祭方法について考えてみましょう。

埋葬と火葬はまったく違います!

墓埋法(墓地,埋葬等に関する法律)で定められている葬祭方法は,「埋葬」「火葬」の二つです。(他に船員法で水葬というのもありますが今回は割愛します)

埋葬とは,死体を土中に葬ることを言います。埋葬は,簡単に言えば土葬のことです。これに対して火葬とは,死体を葬るために焼くことを言います。そもそも埋葬と火葬を同じものと誤解している方も少なくありません。この二つは違いますので誤解なきよう。一般的には火葬が多いでしょう。

ここでよく質問されることは,「火葬した遺骨をお墓に埋めるから埋葬になるのでは?」というものです。こういった火葬した遺骨を埋めることは,「焼骨の埋蔵」といって埋葬とは異なります。

埋葬も火葬も市町村長の許可の下で実施することになります。そして埋葬や焼骨の埋蔵は,墓地以外の区域で実施してはなりません。親族の遺骨といえども,自宅の庭あるいは山林などに埋めることはできないのです。

散骨や樹木葬は大丈夫なの?

散骨や樹木葬は,墓埋法が制定された当時は想定されていませんでした。そのため散骨や樹木葬が明確に合法かどうか,まだはっきりしていないのが実情です。そこで現時点における議論などを整理してみましょう。

散骨について

厚生労働省は,散骨が墓埋法にすぐに違反することはないとしています。ですが散骨の仕方によっては,墓埋法4条1項に定める墓地以外の場所での焼骨の埋蔵になるともされています。つまり散骨の仕方によっては,違反になりますのでご注意ください。具体的にどのような散骨なら違反なのかは,まだはっきりしていません。

また散骨を自由に認めてしまうと,近隣トラブルや農産物への風評被害などが懸念されます。そこで地方自治体の中には散骨に対して注意喚起あるいは規制をしているところもあります。

散骨については,刑法190条の「死体損壊等罪」との関係も指摘されますが,正当な目的と相当な方法であれば特に犯罪にはならないといわれています。その他の産業廃棄物などに関する規制についても同様です。

樹木葬について

焼骨を土に埋めて苗木を植えることは,焼骨の埋蔵になるとされています。そのため墓地以外の場所で樹木葬をすることはできません。例えば自宅の庭などで樹木葬をすることはできません。

散骨や樹木葬といった葬祭方法は,地方自治体によって運用が異なります。事前に地方自治体及び葬儀会社に確認を取ってから実施するようにしてください。