初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

相続したらいきなり養子がいることが分かった!

親が亡くなって戸籍を調べていたら「養子がいる!」というケースがあります。ある日いきなり自分の兄弟の存在を知るということですね。

養子縁組は,相続に与える影響が大きいです。養子が相続に対して与える影響についてまとめてみました。

養子縁組で相続税が軽減する

相続税は,相続財産の中で3,000万円+(600万円×法定相続人)まで基礎控除として税金がかかりません。となれば,法定相続人を増やせば基礎控除の枠が大きくなるので,相続税の負担も軽減されます。つまり養子縁組をして「子」を増やせば,基礎控除が大きくなって相続税の負担が軽減されるわけです。

資産家がお孫さんを養子にするのは,こういった相続税対策の場合が多いのではないでしょうか。もっとも,相続税の基礎控除として考慮されるのは1名の養子までです。

例えば父親には,実子1名,養子2名の法定相続人がいたとします。この場合には各自の法定相続分は遺言がなければ3分の1です。ですが相続税の基礎控除としては,3,000万円+(600万円×2名)=4,200万円まで。このようにしなければ,養子を増やすことで相続税の制度が骨抜きになってしまいます。

養子縁組で法定相続分が変わる

養子も「子」であるため,実子と同じ法定相続分があります。ですから養子が増えると,子一人当たりの法定相続分が減少することになります。例えば父が亡くなり母と実子1名が相続したとしましょう。このとき各自の法定相続分は2分の1です。

ですが同じ事案で父に養子が3名いたとします。この場合は母は2分の1,実子と養子は各自8分の1になります。時々,養子の相続分は実子の半分と誤解している方がいます。実子と養子の法定相続分は,実は同じなのです。

養子縁組で遺留分が変わる

養子を増やすことで子の遺留分が減少します。例えば父,長男および次男がいたとします。父は,すべての財産を長男に相続させる内容の公正証書遺言を作成していたとしましょう。

このとき次男は,4分の1の遺留分を持っています。ですから長男に対して4分の1の範囲で遺留分減殺請求権を行使して支払いを求めることができます。

ですが,父が長男の子供を養子にしていたとすると,どうなるでしょうか? このとき父の子供は,長男,次男および養子の3名になります。そして次男の遺留分は,6分の1に減少することになるのです。

相続対策に関する記事