初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

相続人の行方が分からないのですがどうしたらいいでしょう?

相続のトラブルは,財産の分け方だけではありません。
意外に多いのが「相続人の行方が分からない」というケース。私たちは,これまでにさまざまな類似ケースを解決してきました。

Aには,長男甲と次男乙がいる。Aが亡くなり,相続人は甲と乙だけである。甲と乙は30年以上にわたり音信不通である。甲は,Aの預金を解約しようとしても乙の署名がないため金融機関から解約を拒否されている。

このような場合に弁護士であれば,乙の所在をある程度調査することができます。調査して乙が見つかれば話し合いをすることになりますが,話が折り合わない場合には「調停」といった手続きをすることになります。

問題は,調べても乙が見つからないときです。乙の生死すら分からないわけです。このような場合には,家庭裁判所に「不在者財産管理人」を選任してもらいます。これは乙に代わって乙の財産を管理する人を家庭裁判所が選任する制度です。弁護士が選任されることが多いでしょう。

不在者財産管理人が選任されれば,甲としても遺産分割協議をすることができます。話し合いがつけば預金の解約をすることもできます。この制度を利用すれば,音信不通の相続人がいても遺産分割の手続きを進めることができるのです。