初回無料相談はこちら

個人の方々へ

相続対策

方法ひとつで家族との争いを回避できます

相続税の申告時期までに話し合いがつかないときどうしたらいいでしょう?

遺産分割でもめると,どれくらい時間がかかると思いますか?
遺産分割調停となると,1年近くかかることが一般的なのです。

ところが,相続税は被相続人の死亡日から10カ月以内に申告して納税しなければなりません。そのため遺産分割も,申告期限までに成立させておくことが大事なのですが,実際には10カ月で終わらないことが多いのです。

このように相続税の申告期限までに話し合いがつかない場合には,いったん相続人で相続税の申告と納税をします。申告しなければ,無申告加算税などのペナルティが大きいからです。

ですが,遺産分割未了の段階で相続税を申告すると,相続税を軽減する制度が利用できません。遺産分割が成立した後に修正することはできるのですが,負担感は大きいでしょう。

この場合,相続人が手持ちの現金で支払うことになるのですが,中には相続税を支払うだけの資金を用意できない方もいます。その際は,他の相続人に立て替えて相続税を負担してもらうことがあります。そして,立て替えた金額を考慮しながら遺産分割協議を進めていくことになります。

その他の方法としては,相続財産の中で現預金だけ先行して分割し,相続税の納税資金に利用することもあります。

いずれの場合も他の相続人の協力が必要となりますが,協力が得られない場合には,自己負担で相続税を納めなければなりません。これが結構な負担になります。

相続対策の一環として,このような相続税の納税資金の確保も大事です。例えば「生前贈与で現預金を子供に渡しておく」あるいは「生命保険の受取人を子供にしておく」といったことなどです。

遺産分割と相続税は別ものですが,深い関連性があるのです。悩まれたときは,ぜひ早めに相談された方がよいでしょう。