初回無料相談はこちら

個人の方々へ

不動産

家賃滞納に不良入居者大家さんは楽ではありません

実家の不動産について誰がどうやって管理するか決めてます?

実家の不動産をどうしますか

不動産は,保有するだけで価値があると考えられてきました。
そのため,日本においては個人資産に占める不動産の割合は決して低くありません。ですが,少子高齢化,人口減少により地方都市では不動産価格の下落が続いており,これに伴って不動産をめぐる問題が増えてきました。

不動産に関するトラブルとして典型的なものは,賃貸物件に対する賃料の未払いでしょう。退去を求めて訴訟をするにしても,弁護士費用などのコストが掛かってしまい費用倒れになりかねません。さりとていつまでも未払いのまま放置するわけにはいきません。特に最近では,独居の高齢者の対応に苦慮しているアパート経営者も多いようです。

また,親が施設に入所したために空き家になった実家の管理に関する相談も増えています。ご存じのように空き家は社会的な問題で,10軒に1軒がすでに空き家との試算もあるようです。空き家になって管理がずさんになると,ゴミが放棄されるなどして住民トラブルにもなりかねません。

さらには,いつまでも売れない山林や田の管理も頭の痛い問題です。地方には,地方ならではの不動産の悩みがたくさんあります。

島田法律事務所では,これまでアパート経営者の方々などのご相談に対応してきました。不動産管理でお悩みのことがあれば,「初回無料相談」を利用して,ぜひ一度ご相談にいらしてください。