初回無料相談はこちら

個人の方々へ

交通事故

被害者の悩みはお金のことだけではありません

慰謝料はどうやって決まるのですか?

慰謝料とは,精神的苦痛を金銭的に評価したものです。そして交通事故における慰謝料は,①傷害慰謝料と②後遺障害慰謝料に大別されます。

①傷害慰謝料

傷害慰謝料とは,交通事故によって通院などを余儀なくされたという精神的苦痛に対して認定されるものです。一般的に,入通院期間を基礎にして個別の事案で調整されます。例えば,交通事故による入院期間が長くなれば,傷害慰謝料も通常は加算されます。

傷害慰謝料を入通院期間を基礎にして認定されることについて違和感があるかもしれません。そもそも個人の慰謝料とは,その実情ごとに検討されるべきものだからです。ですが交通事故については,過去の事例が多数集積されています。そのため,入通院期間という一つの客観的な基準で傷害慰謝料の大枠を決めることは,事案の早期解決に貢献します。

もちろん個別の事情については,一般的な基準を採用しつつ「修正要素」として検討していくことになります。

②後遺障害慰謝料

次に後遺障害慰謝料とは,交通事故で後遺障害が残ったことについての精神的苦痛に対して認定されるものです。これについては,認定された後遺障害の等級を基礎にして定まります。

慰謝料とは,交渉によって調整されやすい項目です。そのため,ご自身が被害に遭ってどのような負担を強いられたのかを,きちんと説明をする必要があります。