初回無料相談はこちら

個人の方々へ

福祉

大切なあの人の財産をどうやって守りますか

安心した老後を過ごすためには今できる準備が大事です

福祉にも「法律」の活用が必要です

「親が認知症で自ら財産を管理できない」
「兄弟の仲が悪くて,親の介護のことで意見が合わない」
「認知症の親の財産を同居の家族が無断で利用している」
「認知症の親が経営していたアパートのことが分からない」
「親が入所している施設で転倒事故の被害にあった」

介護に関するトラブルは多種多様,私たちにとって身近で頭の痛い問題です。「自分には家族がいないから介護してくれる人がいない」という相談も相当数あります。

親の介護のために離職せざるをえないという問題も生じており,少子高齢化の日本では,介護は相当な負担を伴うものになっています。特にこれからは「介護は施設から住宅へ」という時代になり,家族による介護の負担感はより一層大きくなることが予想されます。

私たちの事務所には,国家資格取得者である社会福祉士が常駐しています。そのため、単に福祉制度の説明だけではなく,弁護士としての経験も生かして,どのように制度を活用するべきかもアドバイスできます。

島田法律事務所では,これまで積極的に介護に関するトラブルに関与してきました。介護のことで悩まれたら「初回無料相談」を利用して,ぜひ一度ご相談にいらしてください。