初回無料相談はこちら

個人の方々へ

福祉

大切なあの人の財産をどうやって守りますか

親の借金がとまらなくて困っています

「高齢の親が借金をしないようにしてほしい」という相談を受けます。

ですが,弁護士といえど判断能力のある方の借り入れ行為を,強制的に止めることはできません。では一体どうするべきでしょうか。そもそも,なぜ高齢者は借金をするのでしょうか?

高齢者の中には,生活費の不足を借り入れで賄っている方がいます。就労による安定した収入を得ることが容易ではないからです。そのため彼らは,年金を担保にした借り入れ 親族友人からの借り入れに頼ることが多いのです。

年金とは本来,高齢者の生活費を確保するための社会保障制度です。年金を担保にした貸し付けは厳格に規制されているのですが,違法な業者がこれを行っているのです。

高齢者の借金問題の難しさは,ご本人が借金の事実をなかなか話してくれないことにあります。周囲が心配しても「自分で何とかするから」と言って取り合ってくれません。中には心配する子供らに対して逆上するケースもあります。

子供らとしては,親に代わってずるずると返済を続けることもあります。結果として子供らの資産も減少し,親は借金を続けるという負の連鎖に陥ることも。当事務所としては,親に代わってむやみに返済することをお勧めしません。問題の抜本的解決にはならず,むしろ被害が拡大するばかりだからです。

冒頭にも書きましたが,判断能力のある方の借り入れを強制的に止める方法はありません。ご本人が自分の問題として,弁護士に相談するしかないのが現状なのです。何とか親を説得し,弁護士への相談につなげることに注力してください。

このようなケースでは,親が亡くなったときにきちんと相続放棄をして,借金を子供らが相続しないようにすることが大事です。ぜひ覚えておいてください。