クリニックで労務トラブルがあるとどんな弊害がでてきますか

2021.04.29

 労働問題が発生するとなにより院長としては目の前の業務に集中することができずに精神的な負担がかかります。信頼していたスタッフから矢が飛んでくるというのはやはりつらいものです。
 また労働法制は,基本的に労働者を保護するものであり院長を保護するものではありません。問題の解決のためには,相当の経済的な負担(解決のための支払う費用あるいは採用した弁護士の費用など)が発生するのが現状です。
 さらにクリニックの場合には,特定のスタッフが他のスタッフを引き連れて一斉に退職することも現実的にあります。院長としても退職を無理に引き留める方法はありません。このような場合には,事業の存続自体に影響することにもなりかねません。