クリニックにおけるクレーマーからの不当な要求としてこれまでどのようなケースがありましたか。

2021.04.28

 クリニックにおける不当な要求の事例としては,治療行為自体の是非よりも周辺の事情に関するものが多いです。例えば「(待ち時間が長いため)優先して診察をしろ」「自分の言うように診断書を書け」などが挙げられます。
 もっともクレーマーの要求は,要求内容が特定されているとは限りません。治療時間中に執拗に電話あるいは面会を求めつつも具体的な内容について判然としない場合も珍しくありません。このようなケースの場合には,相手の要求内容を確定させることからはじめると話を進めやすくなります。要求内容が曖昧なまま場当たり的な対応をしていると要求内容が増える一方です。