クリニックにおける労働トラブルとしてはどのようなケースがありますか

2021.04.29

 クリニックの労働問題の特徴としては,①スタッフ同士が派閥を形成すること②特定のスタッフの行動により職場全体が翻弄されること③事務長(≒院長の配偶者)とスタッフ間の感情的対立になりやすいことなどが挙げられます。
 院長としては,世間体に配慮するばかりに労働問題が発生したさいに「うまくやって欲しい」と曖昧な対応をとってしまい問題がより複雑化してしまいがちです。
 早期解決のためには問題点が発覚した時点で業務指導も含めた明確な対応が必要となります。