クリニックにおける労務トラブルを回避するために事前にできることがありますか

2021.04.29

 労働事件を防止するためには,①採用を立ち止まって慎重にすること②労働環境の整備を実施すること③退職時のフォローを整えることがポイントになります。
 労働環境の整備としては,労働契約書及び就業規則の整備が最初に取りかかることになります。とくに就業規則は,トラブルになったときに院長サイドの主張を基礎づける根拠になるものです。「開業時に作成したまま」というのではあまりにも心許ないです。労働法制は日々変化しており就業規則も改定を重ねていく必要があります。
 もっとも多忙な院長が就業規則のアップデートを自ら実施するのは現実的ではありません。そこで労働環境をコーディネートとするアドバイザーとして優秀な社会保険労務士の方を確保しておくべきです。