問題のあるスタッフに指導をしたいのですがかえって関係が悪化するのではないかと不安でうまくできません。どうしたらいいでしょう

2021.04.29

 スタッフとの関係がこじれるのを恐れるあまり問題行為を認識しつつ「もう少し様子をみよう」と自分を納得させ具体的な行動にでることを躊躇するケースが散見されます。これは問題の先送りでしかなく問題を放置することでさらに解決までのプロセスを難しくさせます。「人手不足で院長も厳しいことは言えない。このくらいなら許されるのだろう」という間違った自信をスタッフに与えることになりかねないからです。こういった間違った自信が高まるとまるで院長のように振る舞うスタッフがでてきてしまいます。
 問題行為を発見したときには,「その場」で注意することが必要です。協調性がないと評価するのであれば,その評価の根拠となった具体的な行動について指導をします。このとき指導した実績をかたちとして残すために口頭だけではなく書面で交付することも検討するべきです。