社労士の方へ ~弁護士と連携して顧問先企業の課題解決を~

社労士と弁護士の連携で早期課題解決を

当事務所では,これまで200件を超える労働事件について経営者側の代理人として対応してきました。実は事務所で扱う労働事件の多くは,社労士の方からのご紹介です。そして事務所では,社労士の方とチームを組んで労働問題の解決に取り組んでいます。以下のお役立ち資料で当事務所の社労士の方とのチームワークの考え方をご紹介しております。是非ダウンロードして御覧ください。

お役立ち資料「顧客満足度を高めたい社労士の方のための弁護士との戦略的チームワークの作り方」ダウンロード

ダウンロードいただけた方には,社労士の方向けのメルマガもお届けします。

弁護士と社労士が連携する意味

労働問題を多角的に捉えることが出来る

労働問題を多角的に捉えることが出来る

弁護士の視点のみならず社労士の視点からも多角的に問題を見ることで「この会社が抱える問題は何か」を踏み込んでとらえることができます。

             

労働問題の早期解決

事件処理のスピードがあがる

顧問先の事情を詳しく把握しているのは,社労士の方に他なりません。社労士の方と弁護士がタッグを組んでこそ素早い事件処理が可能になり,顧問先の信頼獲得に繋がります。

顧問先満足度向上

顧問先の満足度が高まる

労働事件に弁護士とともに関与することで社労士の方に対する顧問先の信頼度が高まりまるケースを多く見てきました。会社側が不利になる事が多い労働事件のときにこそ,経営者に寄り添う姿勢が信頼や満足につながるのではないでしょうか。

早めの弁護士へのご相談が早期解決の鍵です

「弁護士さんには相談したけどいつ相談するべきかわからない」という社労士の方の声は少なくありません。あらゆる問題は,小さいときに対応してこそ効果的です。時間をかけるほどに問題は大きくなってしまい解決するのにコストを要するものです。迷っていらっしゃる方は一度ご相談ください。

当事務所の社労士の方とのチームでの課題解決ノウハウをまとめた資料をダウンロードできます。ご入力頂いたメールアドレスには社労士の方のお役に立てるようなメールをお届け致します。

お役立ち資料「顧客満足度を高めたい社労士の方のための弁護士との戦略的チームワークの作り方」ダウンロード

ダウンロードいただけた方には,社労士の方向けのメルマガもお届けします。

TEL:
083-250-7881

お急ぎの方はお電話 でご連絡 ください