コロナ時代の経営指針について

2020.08.21

公益社団法人下関法人会様のウェブサイトにて,弁護士島田直行のオンラインセミナーが公開されました。
今回のテーマは,「ウィズコロナ時代を乗り越えていくための経営哲学」について。私たちは,新型コロナウィルスによる未曾有の危機に直面しています。「この状況がいつ終わるのか」すらわからないまま経営者は事業の采配を振るわざるを得ません。

新型コロナにより企業は,変化を求められています。もはや「戻る」という意識でなく「切り開く」という意識で目の前の課題に取り組むほかないでしょう。

今回のセミナーでは,新しい時代を切り開くための経営者マインドから具体的な施策についてまで触れています。変化を考えるさいの参考にしていただける内容です。ぜひご視聴下さい。

ご視聴はこちらから

一覧へ戻る